マイホーム購入~依頼先はどういう手順で決めるのか~

家造りの依頼先

スポンサードリンク




理学療法士のhamakoです。

今回は、マイホーム(一戸建て)の依頼先についてです。

依頼先は大きく分けて3つ

  1. ハウスメーカー
  2. 地場工務店
  3. 設計事務所

があります。大工に直接依頼ということもあるかもしれませんが、それは2に入るのかなと思います。

これら全てにもちろんメリット・デメリットがあります。

もう3つのうちどこかを決めている場合は良いですが、まだこれからという方には

決め方の手順とそれぞれメリット・デメリットをお伝えしようと思いますので参考にしてください。

家造りの優先順位

何を重視するか

  1. 立地条件・土地(この校区に住みたいとか実家の近くで探しているとか)
  2. 建物

土地から購入する方は土地の決済期限がありますのでゆっくり選ぶ時間がないかと思います。土地では条件付きのものも多くあります。(この土地で建てたいならうちで建ててくださいと依頼先が決まっている)

土地の場所が一番重要(絶対この土地に住みたい)という場合、良い土地はすぐに売れてしまうので、見つけた時にすぐ行動するのが得策かと思います。依頼先というのは二の次になるかと思います。都市部とかでは、なかなか土地もないと思うのでこちらが重視されそうな気がします。

土地はぼちぼち決めて建物と両方重視の方、もしくは親や祖父母の土地に建てるという方は依頼先はこの下の内容は役に立つと思います。

 

依頼先決め方の手順

これを失敗すると楽しい家造りが凄いストレスに変わってしまう可能性があるので要注意です。

手順いきなりハウスメーカーの住宅展示場は×

依頼先をどこにしようか決めようとした場合に現代ではインターネットで検索することが多いと思います。

すると自然と検索にあがってくるのはハウスメーカーです。工務店は「地域の名前」「工務店の名前を直接入力」などしないとヒットするものとしないものがでてきます。

私も一番に思い浮かんだのは住宅展示場でした。

結果的に言うと、これは一番最後でも良かったと思います。

理由としては、見に行った先のハウスメーカーだけでなく、それ以外のハウスメーカーからも

営業マンからの電話が毎日のようにかかってきます。(展示場の本部に個人情報を記載するから)

もちろん興味がなければ無視。で良いのですが、ハウスメーカーも選択肢に入れている方は、無視して後からお願いしますとは言いにくいので対応されると思います。特に最初からここが良いと思っているハウスメーカーから連絡があると「とりあえずお願いします」となってしまうと思います。

そうなると相手の思うツボでもうグイグイきます。

一度打ち合わせすると、なかなか引いてくれません。

向こうも一度会ったお客様には、次の予約を取って帰ってこないと上司に怒られるようです。

なのでキャンペーンや決算時期などを理由にあの手この手で必死です。

ズバッと言える方はハウスメーカーの住宅展示場からでも良いと思いますが、自分はきつく人には言えないとか遠慮するとかいう方はオススメしません。

工務店か設計事務所の完成見学会からが〇

結果的に言うと私は最初はこれが良いと思いました。

工務店や設計事務所は営業マンがいるところもありますが、ハウスメーカーほどグイグイはきません。

逆に無理矢理売ろうとしてくるスタンスではないことが多いので、冷静にこちらも質問できる会社が多かったです。完成見学会などである程度の知識を蓄えるのがオススメです。

あと、完成見学会のメリットとしては実際に「この工務店・設計事務所に依頼するとこういう家ができるんだ」ということが分かるので住宅展示場よりも現実に近い形でイメージしやすいです。

建築関係の知識を蓄える

建築関係の知識を蓄えるのは必要だと思いました。交渉する際にこちらが全くの素人だと思われると悪い言い方ですが相手の思うツボです。

私も見積もりを提示された時「良いグレードのキッチンです」と出されたものが、調べ直すと全然普通のグレードのものだったり、ひどい時には2回目の見積もりでこちらに連絡なしで前回よりもキッチンのグレードが下げられて同じ金額で見積もりを出されたりなどもありました。

もちろん、良心的な会社もたくさんあると思います。しかし、どの依頼先と話を進める上でも疑問点は出てくるものです。知識を得ておくにこしたことはないと思います。

どのような知識を入れておくと良いかはまた後日投稿しますね。

まとめ

  • いきなり住宅展示場には行かない方が良い
  • 土地重視の方は即決が必要な時もある
  • 工務店や設計事務所の完成見学会に通い知識をつけるのが良い
  • そこからハウスメーカーを検討

 

長文にお付き合いいただきありがとうございました。

スポンサードリンク




コメントを残す