あなたにマイホームは必要?

住宅購入

スポンサードリンク




hamakoです。

ブログを始めてから身体のことばかりですが、今回は少し違うことを書いてみます。

「あなたはマイホームについて検討したことはありますか?」

検討している方は

「家を建てる理由って何ですか?」

少し考えてみてください。

 

ちなみに、私は現在マイホームを検討真っ最中です。

めちゃくちゃ悩んでいます。笑

私の職業である理学療法士は私よりも年下の方も多く(現在31歳)「今後収入も上がりにくい」「マイホームは夢だけど今後の生活考えたら贅沢はできない」など、私も含め悩まれている方多いかと思います。

そこで今回は

そもそもマイホームはなぜ必要?

という話をしようと思います。

それぞれ住んでいる地域や収入面、考え方によって様々かと思いますが

この点についてまとめていきたいと思います。

 

なぜマイホームが必要?

考える

結婚したら自分の家が欲しくなるのは当たり前の流れだと思います。

結婚していなくても、マンション購入する方もいますね。

一戸建てを買う方もいますが、少数?ですかね。

でも、なぜマイホームが欲しいかと聞かれれば、当たり前の流れすぎてあまり考えることはないのではないでしょうか?

・家族のため(家族が増えた、子どもが小学校に上がるタイミング、親と同居は嫌など)

・アパートが不満(部屋が小さい、古い、暑い・寒い、結露する、自分のしたいようにアレンジしにくいなど)

・新しい家が良いから(夢、マイホームを持った満足感)

・お金のこと(資産になるから、金利が安いから)

など様々だと思います。

分類すると

  1. 家族のこと
  2. 現在の家のこと
  3. 精神的なこと
  4. お金のこと
  5. その他

に分けられるのではないかと思います。

私は1~3つは当てはまりました。それに加えて、金利が安いタイミングもあるし消費税も上がるかもしれないしそろそろ考えようかと動き始めたのが2年前です。4の資産になるついては後述します。

そうです。2年間も彷徨っています・・・

そんな迷いに迷っている私からアドバイスするとすれば、マイホームが欲しい理由を家族で検討して優先順位をつけておくことをオススメします。

優先順位をつける

これ絶対必要です。

それによって、自分達がなぜ家が必要なのか「~が不満だったから」「~が欲しかったから」という初心に立ち戻り、自分達がマイホームを検討しているのかを再認識できます。

もちろん、家の詳細な内容(間取りや各部屋の大きさ、金銭面など)や土地の条件を決めるのに役立ちます。

なぜこんな話をするのかと言えば私がブレブレだったからです(;´Д`)

前述した1~3の理由は全て該当しましたが、どれも決定的なものではなく色々見ているうちに趣味嗜好が変わっていきました。

建てた方なら経験があると思うのですが、

良い物を見ると人間欲しくなります(笑)

むこうも商売ですから、良いように見せる術を知っています。

顕著な例がハウスメーカーの住宅展示場です。

ハウスメーカーの展示場は5000万円以上かかっているいわば、そのメーカーの最高ランクの家であり、それに心奪われると相手の思うツボです。

書きたいことは山積みなのですが、この詳細な話は後日しようと思います。笑

そんなこともあると、「検討中」程度だった気持ちが一気に「欲しい」という気持ちに変わっていきます。今金利も安いので「そんなにアパートの家賃と変わらずいけるんだ」とか「あと100万円上げてもローンの月々の支払いが3~4000円しか変わらないのなら、もっと部屋を広くしよう」となり、じゃあもっと良いものが欲しいとどんどん欲が出てきます。

で、気づいた時には自分達家計ギリギリのローンを組んでしまっているケースも少なくないと思います。いわゆるローン地獄ってやつですね・・・

なので、常に冷静さを失わないためにも自分達の初心を確認しておくのは必要だと思います。

マイホームを持つとかかってくるお金

マイホームにかかるお金

マイホーム購入時にかかってくるお金ではなく、購入後も継続してかかってくるお金についてです。

購入時のお金は考えても購入後のことまではなかなか頭まわりませんよね?

購入後にかかるお金についてです。賃貸と比較しますね。

  1. 固定資産税
  2. メンテナンス費用(ランニングコスト)
  3. マンションなら管理費・修繕積立金
  4. 火災保険、自身保険、生命保険(団体信用生命保険:ローンにより異なる)
  5. 会社からの住宅補助がなくなる

火災保険はかかりますが、それ以外は基本賃貸ではかかってきません。

もし、修理する箇所があった場合、故意に壊したなどではない限り、大家さんや管理会社が修理してくれると思います。

しかし、マイホームでは施行会社の過失ではない限りほぼ自費です。定期点検もありますが、点検は無料で修理は有料という場合が多いです。その点も賃貸と比較し多くかかってきます。

年数が経過した際の外壁の塗り直しやリフォームも自費です。賃貸は大家さんや管理会社が行い、住まい手には関係ないです。

このように賃貸よりもマイホームの方が多くお金がかかってきます。

賃貸は引っ越ししても敷金・礼金、引っ越し資金程度(更新料をとられるところもあり:2年更新など)で次の部屋に住むことができるので、毎年引っ越しなどしない限りはマイホームよりコストはかからないかと思います。古くなったから違う部屋に引っ越しするというのもすぐにできます。

マイホームはローンを支払い終われば資金的には有利ですが、その頃には上記したようにリフォームなどのメンテナンス費用がかかってきます。

メンテナンスをしなければ、最終的にはマイホームが安くなることもあるかもしれませんが。

あと、賃貸の場合は住宅補助がでるけど、住宅購入後は出ない会社が多いようです。気になる方は会社にご確認を。ちなみに私の今の勤務先は出ません(涙)

マイホームは資産になるか

資産

営業のうたい文句で「資産」という言葉が必ずといっていいほどでてきます。

では資産とは何かと言えば、収入に+αでで利益を与えるものです。

例えば不動産収入(アパート・マンション経営・駐車場など)、株・債権・投資信託(これらはもちろん出資金と現在の価値の差額でマイナスになることもあります)、定期貯金(現在は金利わずかですが・・・)、生命保険などのことを言います。

それに対し負債とは、収入からマイナスつまり支出となるものです。

例えばローン、クレジットカード、借金などです。

マイホームは不動産にも入るし、住宅ローンも支払う

どちらに入るのでしょうか?

答えはローンを払い終えるまでは負債払い終えると資産になります。

そうです。将来的には資産になるので、営業マンのうたい文句も間違ってはいません。

しかし、35年後に建物に資産価値はあるでしょうか???

答えは(二度目・・・)0円です。鑑定上はほとんどの建物が0円となるそうです。

2000万円の家でも3000万円の家でも資産価値は0円です。

土地は値段はあると思いますが、現在と同程度の価値があるかといえば?です。

都市部なら別ですが、マンションも価値が落ち、賃貸にしようと思っても空き部屋となってしまうケースもあると思います。

その頃には人口も減り、特に地方は土地も余っていることが予想されます。

土地+建物=3500万の家の価値が資産と言えるものかは疑問です。

ローンを払い終わった35年後以降に、売ろうと考えた場合でも建物を解体する解体費もかかってくることも頭に入れておいた方が良いでしょう。

まとめ

  • マイホームを購入したい理由とそれの優先順位付けをするのが良い
  • マイホームの購入は賃貸よりお金がかかることが多い
  • お金だけのことを考えると賃貸、会社の寮もしくは安い県営・市営住宅も視野に入れることも策
  • マイホームが資産と呼べるかは疑問

マイホームを検討している私ですが、この記事だけでみるとマイホーム否定派ですね(笑)

決してそんなことはありません!

お金以上の価値があると思っているので検討しているわけです。

今の家は性能が良いのはもちろんですが、

自分の気に入った空間で生活する、夢、満足感などお金には代えられない価値があります。

マイホームは人生をより豊かにしてくれるものの1つだと思います。

 

結局のところ、価値観次第ですが、

お金のことを考えるなら「マイホームは必要ない」という選択肢もありではないかなと思いました。

ご参考までに。

長文にお付き合いいただきありがとうございました。

スポンサードリンク




コメントを残す