一戸建ての完成見学会で確認するべきポイント

完成見学会

スポンサードリンク




理学療法士hamakoです。

理学療法士との仕事とは直接関係ないですが、マイホームシリーズは続きます。笑

少なくとも20回以上完成見学会に足を運んだ私の経験から、工務店・設計事務所の完成見学会の存在を知る方法から確認するべきポイント、質問項目を紹介します。

完成見学会の存在を知る方法

まずどうやって完成見学会の存在を知るかですが、

  1. 工務店・設計事務所に資料請求する(そうするとダイレクトメールが届くようになります)
  2. 工務店・設計事務所のホームぺージを確認する
  3. SNSを利用する
  4. 地域の工務店のサイト(ホームページ・SNS)・住宅本を確認する
  5. チラシ
  6. 口コミ

気になる工務店・設計事務所があれば資料請求をしましょう。すると多くはダイレクトメールが届くようになります。

もし、予算が合わないと判断された場合不親切なところはダイレクトメールが来ないこともあるかもしれませんが、お客様に対しそのような対応をするところはろくな会社ではありません。即刻切り捨てましょう(笑)

ホームページを随時確認するのも良いですが、手間なのでSNSで気になる工務店・設計事務所を「いいね」「フォロー」しておくことがオススメです。私の地域は地域の工務店を紹介するサイトがあり、そこを確認するとまとめて確認できるのでよく利用していました。

あとは新聞をとられている方はチラシなどですかね。

もし、友人などで同時期に探している方がいたら、口コミということもあるかもしれません。

完成見学会では何を確認すれば良いか?

完成見学会ではまず

  • 延床面積(建物の大きさ)
  • 設備や素材のグレード
  • 雰囲気(洋風・和風・古民家風・南洋風など)

が自分達の建てたいものに近いかどうかを確認します。

延床面積が違うと予算の話をしても自分達の家の参考にはなりません。

また、素材や設備のグレードが低ければ値段は下がりますし、高ければ値段は上がります。しかし「うちは坪単価50万円から70万円です」といった説明となる工務店・設計事務所が多く、この家の設備の仕様がどのレベルなのかが分かりにくいです。坪単価が20万円変われば、延床面積40坪の家であれば単純計算で800万円変わりますので、仕様のレベルは確認しておくべきです。

雰囲気は建てたいものと違っても良いと思いますが、工務店や設計事務所の方と話する機会があれば自分達の好みの雰囲気を家を建てることが可能か確認してみてください。完成見学会に施行事例のアルバムを持ってきているところもあります。あらかじめスクラップノートを作ったり、自分達のイメージに近い写真を保存して考えておくと伝えやすいかもしれません。

Pinterestというアプリが写真が色々あり非常に役立ちました。オススメなので是非利用してみてください。

あと細かい部分で言うと

  • 手作業の部分の仕上げの綺麗さ(クロスの貼り方、塗り壁の塗り方、床やテーブル・柱に使用している無垢材の端が削れたり割れていないかなど)
  • 素材の使い方や色のバランス
  • オシャレな照明器具を使用しているか、照明のあたり方を計算しているか

などを見ておくと良いかと思います。

 

手作業はその会社の性質が現れる部分かと思います。そんなに値段の高い家でなくでも仕上げの綺麗さで良く見える家もありましたので気にして見てください。

素材の使い方や色のバランスは言葉には出せないセンスが現れる部分だと思います。ここが合えば、その工務店・会社と雰囲気のフィーリングは合う可能性が高いと思います。

あと、照明にこだわっている会社はオシャレなところが多いと思います。照明1つで雰囲気がガラリと変わり、間接照明や陰影の使い方などで部屋が1段階も2段階もオシャレになります。

表立って出る部分ではないですが、細かいところまでこだわりがある会社という意味で評価できます。たぶん会社の体質が家造りにも反映されているのだと思います。

是非「照明」チェックしてください。

完成見学会で質問するべき項目

工務店・設計事務所の方と話できるせっかくの機会なので、目に見えない部分までどんどん質問しましょう!

とは言っても私も何を質問すれば良いか分からず、嫌な沈黙となり我慢しきれず「ありがとうございました」と出ていくことが何回もありました(笑)

そこで、以下の項目は知識として蓄えて欲しい部分なので勉強のため質問したら良いと思います。あと、沈黙で困った時の引き出しにも使ってください。

  • 施主(建てた人)の要望の確認(どのような要望でこの家になったのか、何を重視したのか)
  • この間取りになった理由
  • 仕様している設備(キッチン・風呂・トイレ・換気システムなど)のグレードや機能
  • 屋根材や外壁、断熱材、内装材(床・内壁)は何を使用しているか、何が良い点でそれを使用しているのか
  • 値段(気が引けると思いますが大事なとこなのでガンガン聞きましょう:どこまで含む値段かも
  • 弊社の家造りの考え方や特徴、得意分野は何か

などです。

もし、自分達の理想の家のイメージが固まりつつあれば、具体的な自分達の希望を伝えて可能かどうかなどを聞いてみたら良いと思います。

 

予算は施主様に対し失礼かなという気持ちも出てくると思うので聞きにくい部分ではあると思いますが、どんどん聞きましょう!私も帰ってから、結局私達の予算で建てられるのかと悩み悶々とした時間を過ごすことがよくありました。予算が全く合わなければ話にならないので、気に入った家でも無理なら無理と早く知った方が時間の無駄にならないです。

あと値段を坪単価で話してくる場合は要注意です。まれに税抜のこともあります(笑)詳細はまた後日投稿します。

まとめ

  • 完成見学会を知るにはSNSがオススメ
  • 完成見学会では建物の大きさ・設備や素材のグレードをチェック➡予算の参考になるか確認
  • フィーリングの要素も重要
  • 特に照明はこだわりが現れる部分
  • 知識を集める気持ちで質問すると良い
  • 予算のことも気にせずガンガン聞きましょう!

以上です。

長文にお付き合いいただきありがとうございました。

スポンサードリンク




コメントを残す