家造り~坪単価に気をつけろ~

坪単価に気をつけろ

スポンサードリンク




理学療法士のhamako()です。

家造りや土地の値段の話になるとよく出てくる坪単価という言葉。

坪単価とは

土地1坪(約3.3平方メートル)当たりの価格。また、家屋を建てる際の、1坪あたりの建築費

                                                  引用元:コトバンク

そのままですね(笑)

ところがその坪単価という言葉、注意しておいた方が良いということが分かりました。

土地の坪単価

土地の坪単価については注意点はあまりないと思います。

しかし、売れ残っている土地は地主も固定資産税がかかるので早く売りたい場合が多いです。

割引など値段交渉の価値はあるでしょう

 

建物の坪単価

建物の坪単価は会社によって異なるのでマジ注意が必要です!

坪単価が建築費用のどの部分まで指しているのか曖昧

まず建築費用の総費用についてまとめます

  1. 本体工事費(本体工事に関わる材料費、基礎工事費用、構造工事費用など)
  2. 付帯工事費(仮設トイレ、電気・ガス・水道工事、足場組など)
  3. 諸費用(解体費、ローン諸費用、書類申請費用、カーテン・照明・エアコン工事など)

この3つに分かれますが、

注意点としてはどの工事がどれに含まれるかは会社次第 

ということ。

坪単価30万円~と書いてあるローコスト住宅もありますが、実際話を聞いてみると本体工事費のみで付帯工事費は別途だったりします。付帯工事費にもよりますが、それだけで坪単価が実際50万円を越えているということもザラです。

なので

坪単価はいくらですか」のあとに「どこまで含まれての坪単価ですか」と質問しましょう!

 

どの面積あたり(施工面積、延床面積)の坪単価なのか分からない

単純に面積が広くなれば同じ価格でも坪単価は安くなります。

基本坪単価は延床面積あたりの値段なのですが

ごくまれに施工面積あたりで計算している会社もあります。

延床面積は吹抜けやバルコニー、玄関ポーチの面積は含まれません。それに対して施行面積はそれらが含まれます。

ということは延床面積あたりの坪単価は上がり、施工面積あたりの坪単価は下がるということです。

しかし、実際吹抜け工事やバルコニー、玄関ポーチも建築費はかかってきますので、坪単価に入っていない方が不思議なのですが。。。

単純に坪単価という言葉は鵜呑みにしない方が良さそうですね。

 

 消費税が含まれていない場合がある

これは見積もりを出してもらった時にびっくりした記憶があります。

オシャレな割にそこそこ値段もお手頃だし良いなと思っている工務店がありました。

見積もりを出してもらうと当初の予想より150万円程高い・・・

説明を受けると消費税は別の坪単価表記でした。

2000万円の家だとすると消費税だけで160万円です。

やはり坪単価という言葉はあまり信用しない方が良さそうです(;´д`)トホホ

 

まとめ

  • 坪単価という安い高いを判断するのは危険
  • きちんと会社にどのまでの値段の表記かの確認をする

です。

私がオススメするのは

建築費用はこれくらいの面積だと総額いくらになりますか?

です。こう聞くのが確実で少しごまかそうとしていた場合は再度念押しで

付帯工事や類などの諸費用も含めそれ以外にかかるお金はないですね?

と聞いてください。

家を建てる際は色々詰めていても後から追加になることも少なくありません(仕方ないケースも含め)ので心配事は早めにつぶしておいた方が良さそうです。

長文にお付き合いいただきありがとうございました。

スポンサードリンク




コメントを残す