家造り~依頼先はハウスメーカーか工務店か設計事務所か~

家造りの依頼先の選び方

スポンサードリンク




理学療法士のhamakoです。

家造りにおいて依頼先に悩む方がほとんどだと思います。

今回はハウスメーカー・工務店・設計事務所のメリット・デメリットについて考えてみました。

ハウスメーカー

ハウスメーカーの定義について確認します

ハウスメーカーは、日本国内全域又は広範囲の規模で展開する住宅建築会社に対する呼称であるが、正式な定義はない。8社会と呼ばれる組織に所属する企業(積水ハウス、セキスイハイム(積水化学工業)、大和ハウス工業、パナホーム、ヘーベルハウス(旭化成ホームズ)、ミサワホーム、住友林業・三井ホーム)を指すこともあれば、8社の他に新興メーカーである一条工務店やタマホーム等を含めて指している場合もある。 ハウスメーカーに類似するものとして、単独又は少数の都道府県内で展開する住宅建設会社を「ハウスビルダー」と呼んだり、フランチャイズ展開している企業グループを「フランチャイズ系ハウスメーカー」と呼んだりするが、定義が曖昧なため、それぞれ自社では「ハウスメーカー」と称していることが多い。                                                                                                     引用元:wikipedia

全国規模で展開している住宅会社というくくりが分かりやすいですかね。この多くは住宅展示場にモデルハウスを持っています。また、ローコストメーカーなどフランチャイズ展開している会社も増えていますね。

メリット

  • 大手企業という安心感(社会的な信用)
  • ローンや引っ越しなども提携先があり、自分で動かなくて良い
  • 規格が決まっていることが多いので、完成系をイメージしやすい
  • 規格が決まっていることで同品質の家を提供できる
  • 工期が短く完成が早い
  • 会社規模が大きいため、独自に開発した部材や技術がある
  • 耐震技術が高い(実験が行える)
  • アフターフォローに優れている場合が多い
  • 値引き交渉がしやすい

デメリット

  • 値段が高い(広告費・人件費・CM料・モデルハウスの維持料など必要経費が価格に入っている)
  • 設備機材のグレードは低い(グレードを上げると値段ももっと上がる)
  • 規格外(オプション)になると値段が上がる
  • 打ち合わせが建築士ではなく、営業マン
  • 自由設計と謳っていてもマニュアルがあり、それ程自由にならない
  • 造作家具や手作業(漆喰や珪藻土などの塗り壁)等は行いにくい
  • 施工管理はハウスメーカーだが、施工は下請け会社で下請け会社の指定はできない
  • 会社の利益になることは提案するが、利益にならないことは黙っていることが多い
  • アフターフォローもハウスメーカーに依頼しないと補償が切れることがある
  • 増築には対応しにくく、する場合はその都度かなりのお金がかかる

などです。

以上をまとめると、私が考えるハウスメーカーに向いている方は

安心・ブランド志向の方、予算に余裕のある方、耐震を一番に考える方だと思います

 

工務店

工務店とは地域に根差した地場工務店を指します。最近は減りましたが、大工に直接依頼する場合も同様と考えていただいて良いと思います。あと、県内全域や~地方まで拡大している規模的にはハウスメーカーと工務店の中間的な会社も多くあります。

ハウスメーカーと比較してのメリット・デメリットを記載します。

メリット

  • 価格がハウスメーカーと比較し安い場合が多い
  • 規格がないため、オプションなどの融通が利きやすい
  • 設備機器などの品質は高くなりやすい(ハウスメーカーと同等の値段だあれば)
  • 造作家具や塗り壁などの手作業も行える
  • 家ごとの数値測定を行っているところもある(気密・断熱):ハウスメーカーは実験場の数値
  • 建築士の方と直接話できる機会が多い

デメリット

  • 会社の規模が小さいのでなんとなく不安
  • ハウスメーカーに出来ないことを重視している会社は値段が上がりやすい(手作業や左官仕事等)
  • 耐震技術はハウスメーカーには劣ることが多い
  • 工務店ごとの差が大きい(ハウスメーカーはどこを選んでも大きな間違いはないというイメージ)
  • 工務店でもこだわりや得意・不得意分野があるのでオールマイティではない

私の考えでは

予算を抑えつつこだわりの家を建てたい方、手作り感のある家が好きな方、工務店選びを慎重に行える方が工務店に向いていると思います

 

設計事務所

いわゆる設計士の方、「劇的〇フォー〇フター」に出ているような方が設計する家です。ハウスメーカーと工務店と比較してのメリット、デメリットを記載します。

メリット

  • デザイン性がとても高い(素材や照明、光の入り方、庭など)
  • 建築に関する最新の知識に優れている
  • 工務店よりもさらに自由設計度が高い

デメリット

  • 設計費用が高い(私が話を聞いたところで200万円~400万円くらいでした)
  • 気密・断熱性能については予算があればということで二の次になることが多い
  • 事務所が遠い場合が多く(例えば事務所は大阪で四国で家を建てるなんてこともあるそうです)、アフターフォローに不安を残す

私の考えでは、

とにかくデザイン重視という方が設計事務所に向いていると思います。

 

まとめ

  • それぞれのメリット・デメリットをふまえた上で決めることが重要
  • そのためには、優先順位を整理しておくことが不可欠

スポンサードリンク




コメントを残す