アンガーマネジメントってなに?

アンガーマネジメント

スポンサードリンク




hamakoです。

みなさんは「アンガーマネジメント」ってご存知でしょうか?

私も最近知り、セミナーに行って来ました。

 

アンガーマネジメントとは、1970年代にアメリカで始まったアンガー(イライラ、怒りの感情)をマネジメント(上手に付き合う)ための心理教育です。

アメリカでは、ビジネスパーソン、政治家、弁護士、医師、スポーツ選手、俳優や、職業にとらわれず、実に様々な人達がよりよい生活や仕事、人間関係を手に入れる為に技術を取得し、「アンガーマネジメント」をしています。

                                         引用元:アンガーマネジメント協会ホームページ

普段イライラすることってよくありますよね。

私の場合は

  • 子どもに対し自分の状態により怒る場面が統一できていない
  • 自分の思い通りにいかなかった場合にイライラしてしまう

などがあります。

子どもに対しては最近良く感じるところで、ある時は同じことをしていても見逃せるけど、ある時は怒ってしまう。

そこに至るまでの過程もありますから一概には言えませんが、子供にとっては同じことをしているのに親がその時によって違う反応だと何が良いことで何が悪いことなのか迷いますね。

その他にも、10代20代よりは減りましたが、思い通りにいかないことがあればイライラしてしまう。ムキになってしまうことがあります。

そうなると人間関係もやはりギクシャクするので、冷静になれると良いなと思うのですが、難しい時もあります。

 

そんな時どうすれば良いか対応方法を知っておくとは重要だと思います。

  • 子育て場面
  • 仕事場面
  • 人間関係のトラブル
  • スポーツ(失敗した自分やチームメイトに対して)
  • その他ストレス

アンガーマネジメントを学ぶことにより自分自身の怒りを理解し、コントロールしたり、ポジティブに変換したりできます。

では、怒りを我慢しなくてはいけないのかといえばそうではありません。

「怒らない」ようにするのではなく

自分に湧き出た怒りの感情と上手に付き合い、コントロールできるようにすることが目的です。

☞そこで簡単にできるアンガーマネジメント

①怒り日記をつける

書き出すことで、自分の怒るポイントへ傾向が分かるそうです。自分の分析ですね。マネジメントですから、まず自分を知るというところから始めてみましょう。

②6秒間待つ

怒りのピークは6秒間なんだそうです。6秒を超えると1つの山を越えたということが言えそうですね。

③怒る前に深呼吸

怒った後に感情にまかせ言い過ぎてしまい、後から後悔することはないでしょうか?②で記載したように6秒間を越えれば怒りのピークも過ぎ冷静に話できるかもしれません。

自分の性格のタイプ別などの対処方法等詳しく勉強していけば色々あるそうです。

まだ、私が自分でマネジメントできた体験がない部分なので、まず現在意識している3つの点について記載しました。

 

追記

私がアンガーマネジメントに興味を持ったのは

「怒りと腰痛には関係があるらしいよ」

と同僚に聞いたことがきっかけでした。

そこで本を調べてみると

 

結構あるんですね。

2002年発売とかの本もあるのでは自分の知識不足ですね。

ストレスということを考えると自律神経系の乱れ=交感神経優位となり疼痛に過敏に反応するということになるのでしょうか。

 

アンガーマネジメントすることでストレスが減り、集中力が出て、人間関係も良好になるならこれをやらない手はないですよね。

興味深い分野になので勉強し直して、また投稿しますね。

 

 

スポンサードリンク




コメントを残す